Archive for the ‘面白いサイト’ Category

12.2
10

Flashを駆使した美しいサイト

by admin ·

最近HTML5が使われ始めてFlashが廃れてしまったらやだなーとか思っている筆者です。
原因はFlashの会社であるAdobeとiPadの会社のAppleが喧嘩したために、iPadはFlashが使えないとかでそれの対応策としてHTML5が見直されているんですが・・・。

ぶっちゃけ、あんたらの喧嘩にホームページ制作者を巻き込まないでくれと言いたい(´・ω・`)

まぁHTML5に注目してFlashから離れつつあるのには他にも理由があるんですけどね(^o^)
いろいろとそんな思いもあってあえて今日はこのお題で言ってみようと思います。

Flashを使ったすごく美しいサイトを紹介しているところを紹介します!

SMASHING
※)英語のサイトです

ここに紹介されているサイトは50件ですが、どれも凄いものです。

個人的に空の風船を割ることができるサイトが好きです(風船を割るのが楽しい)
他にもアクアリウムにいるような気分になるサイトなど様々なFlashサイトがあります。
すごく綺麗なサイトがたくさんあるので、見て触れて楽しんでください。

Share
11.29
10

ミステリーな記事を読みたい人必見!

by admin ·

たまにミステリー小説を読みたいと思ったことはありませんか?
もしくは、そんな感じの話を知りたいと思ったり・・・。

そんな人に勧めたいサイトがこちらです。


好奇心で読む世界奇談史 謎 気になる資料室

ここには、御伽噺ハーメルンの笛吹きの真相を歴史の史実をもとに解読してみたり、タイタニック号の謎について解説したりと興味深い内容のものになっています。
タイタニック号の真相がこれなら、大きなニュースになりそうですが、真相は歴史の中に封印されているようで、面白い反面不気味さがあったりしてなかなか楽しかったです。

たまにはミステリアスなものを見たいなと思っている人にお勧めしたいサイトです。

Share
11.28
10

Uncyclopedia

by admin ·

Uncyclopedia(アンサイクロペディア)って知っていますか?
前回説明したwikipediaに似てない?と言われそうですが・・・。
それらはすごい似たスタイルのサイトですが、中身がまったく逆です。

アンサイクロペディアはウィキペディアのパロディサイトです。
“Uncyclopedia”という名称は否定を意味する接頭語“un-”と百科辞典を意味する英語“encyclopedia”を組み合わせたかばん語であり、あえて直訳すれば「非百科事典」の意味になります。
略称は「アンサイ」「アンサイクロ」、頭文字をとって「UCP」とも呼ばれます。

どんなサイトなんだろう?と悩む人が多いと思いますので、とりあえずアドレスだけ載せます。
アンサイクロペディア

すごくWikiとそっくりの見た目で、正直なところWikiと混同しそうですが内容はまったくもってデタラメまみれで、じわじわと笑いがこみ上げてくる内容が多いです。
また、Wikiとそっくりに間違える原因のひとつとしては、文章の書き方が基本的に冷静にWikiと同じ感じになっているからでしょう。
何せ・・・いろんな意味でひどい^o^

まじめな記事を読みすぎて疲れたと思ったとき、またやわらかくジョークがいえるようになりたいときに活用していきたいサイトです。

Share
11.27
10

Wikipedia

by admin ·

きっと誰もがWikipedia(ウィキペディア)を見たことがあるでしょう。
無い人は検索サイトでウィキペディアと打って調べましょう。

ウィキペディアとは・・・
ウィキメディア財団が運営するオンライン百科事典のことです。
コピーレフトなライセンスの下、誰でもが無料で自由に編集に参加でき、世界各地の言語で展開されています。
ウィキペディア (Wikipedia) という名前は、ウェブブラウザ上でウェブページを編集することができる「ウィキ」(wiki) というシステムを使用した「百科事典」(encyclopedia) であることに由来する造語です。

とWikiを知ってる人ならこれはwwwと思うくらいにひどいコピペ文章になりましたが、簡単に言えば誰でも編集できるネットに存在する生きた百科事典のことです。
たしかに言語もたくさん揃っていますし、何より単純な誰もが知ってるような言葉であってもこと細かく説明されています。

長所と短所
長所は、やはり手軽に調べたい内容を詳しく調べられるところだと思います。
たとえば自国の日本と調べただけでいつごろから出来上がった国なのか、とかどういった民族が暮らし、国章や国花、人口など詳しく詳細が載っています。
また、芸能人とかの詳細だと、何かニュースがあったときに誰でもすぐに編集できるため、すぐに歴史が書き加えられるのが利点です。

では短所は・・・というと・・・。
やはり誰もが編集できるという点です。
これは長所でもあり、短所でもあります。
というのも、正しく表記されているように見えて実は間違った情報を流されてしまったらどうしましょう・・・
そういう意味でWikiの内容を全て鵜呑みにできないのが一番の難点とも言えます。

とはいえ、たいてい間違ったことは記述しないよう注意していますし、仮に間違った内容が書かれていればそれを修正できるため、よほどの限りじゃない場合は利用できるものかと思います。
ただ・・・、大学のレポートなどでは使わないようにしましょう^-^
使いたい気持ちは凄くわかる。正直使いたい衝動に駆られたことが1回や2回どころか多々あったから!
けれど、先ほども言ったように間違った情報だったりしてはまずいです。
ましてや、誰もが見れるということで課題を出した教授が見てる確率が高確率です(下手したら本人が編集してるかもしれませんよ
そういったリスクを犯してまでWikiに頼ったレポートを出すのはやめたほうがいいと思うので、大学のレポートを制作するときは図書館なり本屋で本をゲットしてそれをもとにレポートを作りましょう。

では今回はこれにて!

Share