Archive for the ‘unknown’ Category

03.1
11

appleについて思ういくつかのこと

by admin ·

iPhoneとかiPad2とかアンドロイドとのシェア争いとか、話題に事欠かないApple。

世間的にも、mac対Windowsの図式がiOS対Androidという形で成り立ってるように見えます。
頑に自社OSにこだわり続けるApple製品ですが、そこまで優位に立てるものなのか?
まず、windowsやandroidのようなOSを配布する場合では、開発者側は、どのようなデバイスで使われるのかがわかりません。
その結果、どのようなデバイスでも動く汎用的なプログラムを作らなくてはいけません。
スペックやユーザーインターフェースなど、様々な場合を想定しなくてはいけません。
しかし、Appleのように一社独占なら、そのOSを動かすデバイスは自社でのみ制作可能です。
つまり、すでに実装されるデバイスを知ることができるので、汎用的に作る必要はありません。
その結果、同じ性能でもAppleの方がより細かい所までこだわって作ることができるのです。
iOSのぬるぬるとしたスムーズな動きも、マックの操作性もこの差が生み出していると考えられます。
このように経営資源の配分が企業間競争において重要なんです。

Share
02.15
11

ネット評価が現実社会でも通用する時代へ

by admin ·

klout.comではtwitterなどのソーシャルネットワークを利用して、そのアカウントの影響力を数値化するというサービスを行なっています。
影響力やリンクのクリック回数、返信・引用数などをもとに算出されているそうです。
ネットと現実世界の境界が曖昧になっている現在、この評価の重要性というのは、今後ますますウエイトを増していくと思われます。
たとえば、電子マネーが進んで財布を持ち歩くことがなくなればクレジットカードも今の形ではいられなくなるでしょう。
そのときに、ネットでの評価を数値化したもので個人を識別することは容易に想像できます。

店に入って、カードがとかお金を持ってなくてもソーシャルネット評価が70ポイントありますから買えます。
とか。
高級ブランドとかだと逆に、あなたは評価が低いから売れません、とか。

今だとクレジットカードならゴールドとかプラチナとかあるけど、これも置き換わるんじゃないですかね。
もちろんその頃には、口座の維持費、管理費、手数料すべて無料で。

Share
12.24
10

Appleのサイトを研究してみた

by admin ·

MacやらiPhoneやらiPodやら…
何かと話題のAppleですが、それはデザイン業界にも大きな影響を与えました。

まずAppleのサイトを見てみましょう。
Apple

Appleのサイトの一番の大きな特徴は綺麗な商品画像やアイコンです。
この技術はApple製品でも使われており、オシャレ好きな若者にファンが多くいます。

このサイトは色いろなところでパク…参考にされています。

Apple風デザインのサイトを見てましょう。


Gibson

高級ギターとしておなじみのギブソンの本家US版のサイトです。
グレーのグラデーションや配置がAppleに似ていますね。


Tao Effect

Appleお得意の綺麗なアイコンとオーロラの壁紙が使われています。
Mac用ソフトなのでデザインも似せているのでしょう。

さて、最後はこちらです。

これは…
Macに似ているとウワサの中国のdragonfly社です。
背面のトンボマークに苦笑いですね。

以上がデザインですが。
コンテンツについても優れていると賞賛されています。

ネット通販では、ユーザーが疑問に思うことは全て書かないといけない。と言われています。
で、そうなると情報量が多くなってしまうのですが、そこはAppleの十八番であるオシャレデザインですいすい読ませます。
そして、その文章も読みやすく整理されています。

Appleストアもよくできています。
最後まで手を抜かないデザインと文章。
24時間以内の出荷。
関連商品の表示
5,000円以上で送料無料
などなど
「あったらいいな」が詰め込まれています。

もし、これからサイトを作るのであれば
Appleのサイトを研究してみると面白いかもしれません!

Share
11.24
10

アバターについて

by admin ·

アバターと聞いて映画のアバターを創造した人いませんか?
おそらくほとんどの人が想像したと思います、あの映画、映像がとても綺麗でしたね´v`

って映画の話をしたいんじゃなくて!!

今日は、映画じゃないほうのアバターについて話をします。

アバターとは・・・
ネットの世界で使用する自分の代わりとして使用するキャラクターのことです。
当然、ネットの世界で自由に作ることができるものですので、使用者と違う性別のキャラクターを作ったり見た目も変えることができます。
アバターは自由自在にキャラクターをカスタマイズすることができます。

そもそもなんでできたの?
おそらく、コミュニティサイトなどで、文章などで表現できない表情などを表すために作られたんじゃないかと思います。
笑い方1つとっても、純粋に笑う・引きつり笑いをする・馬鹿笑いする・苦笑するなど簡単に例を挙げただけでたくさんあがります。
それを文章で表現するのに難しいと考えたときに、アバターが活躍するわけです。

アバターは主にコミュニティサイトに付属していたりします。
Yahooやハンゲーム、amebaなどありますが、個人的に好きなアバターはセルフィというコミュニティサイトのアバターです。
顔が可愛いんだな、ここ^o^
しかも服装やアクションなども豊富です(中にはアニメなどとコラボしたものがあります)

アバターは無料?有料?
これに関して言うなら、基本無料のところが多いというものです。
だいたい最初から有料にしたらとっつきにくいんですもの。
最初無料で、可愛い服、かっこいい服などを優良にするところが多いです。
カスタマイズするのも自分の意思ってことで、アバターにはまる人は、割と課金するんじゃないかなと思います。

アバターってどんなんだろうな?と不思議に思う人はぜひどうぞ。
いろんなコミュニティサイトにありますので、まずはコミュニティサイトに登録後にアバター登録してください。

Share