03.1
11

appleについて思ういくつかのこと

by admin ·

iPhoneとかiPad2とかアンドロイドとのシェア争いとか、話題に事欠かないApple。

世間的にも、mac対Windowsの図式がiOS対Androidという形で成り立ってるように見えます。
頑に自社OSにこだわり続けるApple製品ですが、そこまで優位に立てるものなのか?
まず、windowsやandroidのようなOSを配布する場合では、開発者側は、どのようなデバイスで使われるのかがわかりません。
その結果、どのようなデバイスでも動く汎用的なプログラムを作らなくてはいけません。
スペックやユーザーインターフェースなど、様々な場合を想定しなくてはいけません。
しかし、Appleのように一社独占なら、そのOSを動かすデバイスは自社でのみ制作可能です。
つまり、すでに実装されるデバイスを知ることができるので、汎用的に作る必要はありません。
その結果、同じ性能でもAppleの方がより細かい所までこだわって作ることができるのです。
iOSのぬるぬるとしたスムーズな動きも、マックの操作性もこの差が生み出していると考えられます。
このように経営資源の配分が企業間競争において重要なんです。

Share


コメントは受け付けていません。Filed under: unknown |
02.15
11

ネット評価が現実社会でも通用する時代へ

by admin ·

klout.comではtwitterなどのソーシャルネットワークを利用して、そのアカウントの影響力を数値化するというサービスを行なっています。
影響力やリンクのクリック回数、返信・引用数などをもとに算出されているそうです。
ネットと現実世界の境界が曖昧になっている現在、この評価の重要性というのは、今後ますますウエイトを増していくと思われます。
たとえば、電子マネーが進んで財布を持ち歩くことがなくなればクレジットカードも今の形ではいられなくなるでしょう。
そのときに、ネットでの評価を数値化したもので個人を識別することは容易に想像できます。

店に入って、カードがとかお金を持ってなくてもソーシャルネット評価が70ポイントありますから買えます。
とか。
高級ブランドとかだと逆に、あなたは評価が低いから売れません、とか。

今だとクレジットカードならゴールドとかプラチナとかあるけど、これも置き換わるんじゃないですかね。
もちろんその頃には、口座の維持費、管理費、手数料すべて無料で。

Share


コメントは受け付けていません。Filed under: unknown |
02.7
11

ネットで実名顔出しすべきかどうか

by admin ·

あなたもmixiなりtwitterなりブログなりfacebookなりなんなりとやっているんではないかと思います。
最近では映画「ソーシャルネットワーク」の影響でfacebookも知れ渡ってきて、facebookでは実名が基本だということで「私も実名出そうかしら」なんて思ってるんではないかと。
結論から普通のこと言うようですが、みんなが実名出したら実名出せばいいんじゃないかな、とマジメに思っていたりします。

というのも、私個人の見解としては今後、実名が基本とされるようになると考えています。
10年後には日本でも実名(or顔出し)の方が多数派になるんじゃないかと思っています。

で、今のところ仮名&顔出さない派が多数である日本で、どうすりゃいいのかというと。

既に一部先行者が実名&顔出しを行なっています。
有名人の人とかは当たり前ですがやってますよね。一般人でもニコ生とかには顔出ししたりするわけです。
これらの人たちをイノベーターとかアーリーアダプターなんて呼ばれます。
(この呼びかたは、モノが浸透していく過程で使われる用語です。iPhoneを発売日に買う人とと同じポジションです。)
この人たちは、人より先に行動して話題になりたいという願望を持っていたりする人が多いわけです。

で、その人たちが、行動の結果どうだったのか悪かったのか見てから、動き出す人。
2番手の人たち。これはアーリーマジョリティとか呼ばれてます。
これは、先行者が大丈夫だから俺も行こうっていう、乗り遅れないようにしようていう感じです。

その後にレイトマジョリティとか、その後の人とかがいます。
これは「さすがにやらないとヤバいだろ」ってなった状態ですね。
「高校生になって携帯持ってないなんて…」とかあると思うんですけど、そういう状態。

ついでに言うと、最後まで絶対にやらないって人もいます。どんな商品でも。
日本でのテレビの普及率は100%とされていますが、テレビが無い家庭なんていくらでもあります。
若い人でも携帯持ってない人います。
このひとたちは、何かしらの信念をもって参加しないわけです。だから、命に関わりでもしないかぎり動かないでしょう。

このモノが浸透していく過程をグラフにすると、前半と後半はちょびちょびしか変化が無くて、真ん中らへんがグワーッと高くなってるグラフになります。
アーリーアダプター、アーリーマジョリティでグワーッとユーザーが増えて、
ピークを過ぎると徐々に増加数が鈍っていく感じですね。

で、話を戻して。
私が実名顔出しとかを考えてる人。
今のタイミングで言うと、先行者は既にいますし、2番手にはなれるかなぁ?どうかなぁ?っていう時期です。

先ほど10年後には実名が当たり前になると言いましたが。
この頃にはもうレイトマジョリティも過ぎたぐらいかなと。
だから2、3年後に一気に増えると思います。

てことで、そのタイミングに乗っかれば問題ないんじゃないかと。
たぶんこういう新しいメディア使って知名度あげたい人ってすでに実名でやってると思うし、逆にやってない人は何かしら躊躇する要因があるんじゃないかと思うわけで。そこまで切羽詰まってないんなら(?)無理してやらなくてもいいんじゃないですかねー。
気楽にやりましょうよ気楽に。

Share


コメントは受け付けていません。Filed under: コミュニティサイト |
02.1
11

ビジネス系SNS

by admin ·

twitterやfacebookが盛り上がっていますが、本場アメリカではビジネス系SNSというのが大盛況です。
ビジネス系SNSとして最も有名なlinkedInが1/27にIPO申請しています。

まずは一覧。


linkedIn


xing


salesforce chatter


jigsaw


viadeo

とまぁ、この辺が有名どころでしょうかねぇ。
アメリカでは、転職先の書類にlinkedInの自己プロフURLを添付するのが常識になっているそうです。

今のところ、これらのSNSは英語メインですから。。。日本語しか使えない方には難しいかとも思いますが。。
登録だけしてみてもいいんではないでしょうか。たまに外国の人材系の人からメッセージが来ることもあるみたいです。

やはりアメリカは進んでますね。
日本では世代間のデジタルデバイドが激しいですからねぇ。。。

この波にfacebookやtwitterやGoogleは参入してくるのでしょうか?
私の予想ではGoogleは参入する!です。

ではまた。

Share


コメントは受け付けていません。Filed under: コミュニティサイト |